MEセンター

・医療機器保守管理業務
MEセンターでは、医療機器の有効利用と安全性の確保を目的として、外来や病棟で使用する医療機器の管理の一元化を行っています。全ての医療機器にIDを登録し、データベース化することによって、購入時の検収から使用時の保守管理、定期点検、修理状況、廃棄までの管理を行っています。
輸液ポンプ、シリンジポンプ、経腸栄養剤注入用ポンプ、人工呼吸器、生体情報モニター、低圧持続吸引器、超音波ネブライザなど、約75000台の医療機器を中央管理しています
また、病棟や外来等院内で発生した医療機器トラブルに迅速に対応できるよう、努めています。

・院内研修
医療機器を使用する看護師やメディカルスタッフを対象に定期的に医療安全・医療機器研修を実施しています。新規導入医療機器の研修、医療機器の安全使用を目的としたラダー研修等への関わりを通じて、医療安全の質的向上に努めています。