業務内容

医療機器部は、中央材料部と臨床工学部が統合され新設された部門です。医療機器部には現在19名の臨床工学技士と3名の看護師に加え、器材の洗浄滅菌管理や医材の物流管理、医療機器の保守管理を主とする委託職員によって構成されえいます。主にMEセンター、中央手術部、人工腎部、診療材料室に分かれ、勤務しています。臨床工学室では24時間勤務体制を整え医療機器のトラブルや緊急手術などの対応を行っています。また医療安全管理部にも臨床工学技士が所属し、連携を図ることで医療機器の安全な医療機器使用にも力を注いでいます。

MEセンター

主要な医療機器の保守管理は一元的にMEセンターで実施しており、医療機器ライ
フサイクル全般にわたる安全性の担保された管理と医療機器貸出システムを利用し
た効率的な運用に努めています。また、呼吸器パトロールへの参加や医療機器研修
の積極的に開催しています。24時間勤務体制を整えており、万一の医療機器のト
ラブルや心肺蘇生などの緊急措置に対して迅速な対応を行っています。


 

中央手術部

中央手術部で使用される全ての医療機器が臨床工学技士により管理
されており、術中の医療機器のトラブルについても迅速に対応して
います。また、医療機器の導入の過程に関わり、医師、看護師の意見
を集約し、運用面、安全面を考慮した最適な医療機器設備を行ってい
ます

 

 

 

人工腎部

人工腎部には、常時3~4名の臨床工学技士が配置されており、
入院患者の維持透析やアフェレシス治療を行っています。また水質
管理や透析室に配置されている医療機器の点検や管理を行っています。

 

 

 

中央材料室・医療機器情報室

中央材料室では委託職員によって、病棟、手術室等で使用された器材や
鋼製小物の洗浄・消毒・滅菌を行い、診療現場に常に品質の担保された
物品の供給を行っています。

医療機器情報室では、院内で新規に採用登録される診療材料・器具類は、
すべて医療機器情報室でチェックを受け、決定されます。